ベルギー☆イーペルの猫祭りの発展


★ 前回のブログはこちら ★

1930年代~1950年代にかけてイーペルの市長を務めていたJan Vanderghote氏は、このささやかな“猫パレード”より大きなイベントにすることを夢見ていました。
そして、その夢は彼の後継者であり、1950年代~1980年代にかけてイーペルの市長を務めていたAlbert Dehem氏によって実現されることになります。
 
1950年代初頭、西フランダース地方各地で新たな民俗的なパレードが生まれ、大きな猫パレードを作るのにうってつけな時代が訪れます。
Dehem氏はこの機を逃しませんでした。
彼はイーペルの名士たちと協力して、豪華な衣装に身を包んだ1,500人ものエキストラによる、壮大なパレードを創りあげることに成功したのです。
その素晴らしいデザインは、今では仮面と山車に取り入れられています。
 
この壮大な猫パレードが初めて開催されたのは、1955年のレント(キリスト教の受難節)期間中の第2日曜日のことでした。
 
★ つづきはこちら ★



3年に一度の猫祭りを見に行きましょう!
巨大な猫の造り物とパレード、猫の仮装をした人々。猫好きでなくとも楽しめる事間違いなし♪

2018年猫祭りツアー 好評受付中!!

★ツアー一覧はこちらからご確認ください★








ベルギー旅行の専門店 ベルギーエクスプレス
ベルギーエクスプレス

  • ベルギー
  • イーペル
  • 猫祭り
  • 観覧席
  • ツアー
  • チケット